親戚の家族葬に参列した時に手伝いをするとどうなるか

親戚の家族葬に参列した時は、手伝いを依頼される可能性が高いです。初めは故人の部屋の掃除や片づけを依頼されるので、指示された通りに綺麗にして、故人がいつ来ても大丈夫なようにします。その後は台所に呼ばれるため、移動をして訪れるお客のために茶碗を出せる準備をします。お茶の葉が切れている時は、親戚は来客への応対をする必要があるので、代わりに買ってきてあげると喜びます。一通り用事が済むと、手伝ってくれて有難うとお礼を言われます。
葬儀会場にて家族葬が開始すると親戚に、子供がいたずらをしないように見張り役を頼まれることがあります。特にお坊さんが念仏を唱えられない状況になると参列者が困るため、手を出さないように注意深く見ます。告別式と火葬場ではいたずらをしようがないので、放置しても大丈夫です。
精進落としの席で代わりに音頭をとってくれと言われた時は、手伝いの一環と同時に、今後の役にも立つのでやってみる価値はあります。家族葬は2日はかかるので、参列者はほぼ披露している可能性が高いです。そのため、お集まり頂き有難うございましたなどの言葉でも問題ありません。