お葬式の服装について

お葬式というと故人を偲ぶための儀式です。悲しみにくれている遺族たちに失礼にならないよう、最低限のマナーは知っておく必要があります。
服装も皆、黒い衣装の中で1人だけ色があると目立ってしまいます。学生時代は学生服で良いですが、社会人になったら早めに喪服を作っておきましょう。男性であればダークスーツと黒いネクタイ、女性は黒や紺・グレーなどの地味な色のスーツやワンピースとなります。靴やストッキング、バッグなどもすべて黒が基本です。喪服と一緒に合わせて購入して置き、同じところに置いておくようにしましょう。冠婚葬祭用の服のレンタルもありますが、お葬式は突然のためできれば自身で持っておく方が慌てずにすむでしょう。
20代くらいで購入することになるものの、中年になっても、老年期にも使うものです。妊娠したり中年太りして体型が変わっても使用できるようなゆったりしたタイプのものや無難なデザインのものを選ぶ方がよいです。