葬式のマナーがわからない場合

葬式に呼ばれたけれども、急だったのでマナーを調べる暇がなかったという場合には焦るものです。通夜でも告別式でも、参列者はお悔やみの言葉を述べたり、焼香を行います。
もしどうしていいのかわからないときには、焼香であれば前の人に倣って行えば問題ありません。最初に焼香を行うのは親族で、一番最初が喪主です。喪主はちゃんとやり方を心得ているのが普通なので、それに従って動けば問題ないでしょう。
焼香は3回つまむという決まりがありますが、時間がないときには1回だけという場合もあります。
お悔やみの言葉が見つからないときには、あまり凝ったことは言わないようにすればいいです。ありきたりの言葉をかけて、遺族の気持ちを傷つけないように配慮すれば大丈夫です。
慰めてあげようとあまりむやみに言葉をかけてしまうと、かえって傷つけてしまう可能性もあります。特に子供を失った親が喪主という場合には気が動転していることが多いので配慮しましょう。