近親者以外が参列する葬儀の流れ

親族や近親者以外の人が葬儀に参列する場合は、通夜または葬式、告別式に参列します。昔は通夜は近親者のみで行われるものでしたが、現在は参列者の都合に配慮し、夜間に行われる通夜に参列するケースが多くなっています。もちろん、翌日の葬式、告別式に合わせて参加するケースもあります。

通夜では、受付でお悔やみと香典を渡し、会葬帳に記帳します。近年では、返礼品の引換券を渡される場合が多いので焼香後に受け取りましょう。記帳後は案内に従って着席して読経を聞き、焼香をした後に通夜振る舞いの席に案内されたら、特別な事情がない限り辞退せずに頂戴します。

葬式、告別式も、行う事は通夜と変わらず、受付後、着席、読経、焼香という順で行われます。異なる点は、通夜にも参列した場合に、受付で昨夜も参列した旨を伝えて記帳のみを行う事と、式後に出棺がある事です。近親者以外の参列者は火葬場まで同行しませんので、出棺までが葬儀となります。出棺後は、返礼品を受け取って帰宅しましょう。