献花のお供えの作法

献花(けんか)とは、参列者が順番に一人一本ずつ祭壇に供える花のことです。キリスト教の葬儀や無宗教の葬儀などの中で行われる、仏式の焼香にあたる儀式となります。使用される花はあらかじめ用意されており、花の種類は一般的には白いカーネーションや白い菊などが多く用いられています。ただし、種類については特に定められているわけではなく、故人の好きな花を献花にする場合もあります。献花を供えるときの手順は、まず自分の番が来たら祭壇の前へと進み、遺族らに軽く一礼をします。花を渡してくれるスタッフから、花が右にくるように(茎の方が左手にくるように)両手で花を受け取ります。そして、胸の高さまで掲げてから祭壇の遺影に向かい一礼します。花の根元の方が祭壇側にくるように時計回りにゆっくりと回して持ちかえて、献花台に花を置きます。そして黙祷をしてから二・三歩下がってから遺族、神父等に一礼をして戻ります。そして最後に、作法は大切ですが、あくまでも気持ちを込めて贈ることが一番大切であることを忘れないようにしましょう。