訃報をきいてから葬式に参列する場合

訃報をきいて葬式に参加することを決めたら、故人が親しい人だった場合はできるだけ早く駆けつけて最後の別れをすることが必要です。ただ故人が近所の方であったり、職場の方など、それほど親しい人ではない場合は、遺族や親族が故人とゆっくり最後の別れをするための時間が必要ですから、亡くなってすぐに駆けつけるのは控えるようにします。お通夜や葬式の時間を確かめて、忙しい遺族に迷惑をかけないようにすることが大事です。仕事などの都合により葬式に参列することができない場合は、代理人に弔問をお願いするか、弔電を打っておくようにします。そして後日、遺族に連絡を取って時間をとることができたならば弔問したり、お悔やみの手紙を書くようにします。また弔問したいけれど結婚式を控えていたり出産を控えているなど慶事を控えている場合には弔問を控えることがマナーとなっています。その代わりに、代理人に弔問をお願いしたりお悔やみの手紙を書くようにします。