葬儀で大切な黙礼

葬儀はたとえ会場の場所が近くて馴染みのある道を通って行く場合でも、定刻より早く到着できるように出発しましょう。
遅れて葬儀に参列するのはマナー違反になってしまうので、十分注意しなければなりません。
また、出席したもののどうしても途中退席しなければならない事がわかっている時は可能な限り端の席に座るように心がけ、焼香が済んだ段階で静かに葬儀場を後にしましょう。
式場に到着したら室内はもちろんですが、周辺の敷地でも大声で会話をしたり、世間話をしてはいけません。
葬儀に関する内容であったとしても小声でやり取りし、顔馴染みの友人と知人に会っても黙礼を心がけましょう。
そして、葬儀と告別式が行われている時は遺族に向けてお悔やみの言葉を発しないのがマナーになっています。
目が合った際には黙礼し、直接的に言葉をかけることがないように気をつけてください。
言葉をかけるべきシーンで上手に伝えられない時は、礼のみで終えても問題無いです。