葬儀の際の服装について

急遽葬儀に参列することになった場合、準備は短時間で済ませなくてはならないこともあり、慌ただしくなってしまいがちです。実際の参列時に親族の方に失礼が無いようにするためにも、事前にしっかりと準備を行う必要があります。そこでここでは、参列時の服装について、紹介します。まず着用する服は、可能な限り喪服を選びます。喪服でなくても構いませんが、その場合はカジュアルになり過ぎないようなシンプルな服装を選びます。男性は紺や濃い目のグレーのスーツに黒ネクタイを着用します。女性は控え目な色合いで、シンプルなデザインの服を着用します。化粧も派手になり過ぎないようナチュラルメイクを心がけます。バッグは大きくなり過ぎない黒のシンプルなものを選び、靴に関してもデザイン性のないシンプルな黒い靴を履きます。男性に関しても同様で、黒の靴下と靴を履くようにしましょう。

アクセサリーに注意する点は
男性の場合は金色の腕時計やブレスレット、ネックレスは好ましくありません。
また、金色ではなくても結婚指輪を除き、アクセサリーは外すべきです。
喪服はネクタイを使用しますが、日頃からスーツを着用しているビジネスマンの場合、ついネクタイピンを用いてしまいがちになるものの、葬儀ではネクタイピンは用いないのが通例と言えます。
女性の場合はアクセサリーの許容範囲が広いと考えられる事もありますが、男性と同じく結婚指輪以外付けない方が良いです。
メイクは薄めを心がけ、カラフルに彩られているネイルは厳禁です。
髪が長い方においては黒色のゴムもしくはピンを使い、シンプルにまとめ上げられるようにすべきです。
そして、女性ならではの物としてパールのネックレスが挙げられますが、パールのネックレスを着ける際は一連の物にしてください。
二連は不幸が重なるイメージをさせてしまうので、使用してはいけません。

<PR>クレジットカードの即日発行じゃけん / 健康マニアによる無病ライフ / お家の見直ししま専科 / 女性向けエステ.com / マッサージのリアル口コミ.com / 生命保険の選び方 / 生命保険の口コミ.COM / 英語上達の秘訣 / 英語上達の秘訣 / 工務店向け集客ノウハウ / 貯蓄 / 内職 アルバイト / 心の童話 / 童話 / 初値予想 /